1. ホーム
  2. 私の歩く体験談
  3. ≫43歳 長時間座っていて立つときに膝や腰に痛みがあってつらい

43歳 長時間座っていて立つときに膝や腰に痛みがあってつらい

年齢と共に老化は仕方のないことで、防げないですが、出来るだけ長い間健康で元気に生活をしたいのは多くの方々が思っている事だと思います。

自分の事は出来るだけ自分でやりたいし、できればいろんなところにも行きたいです。

そんなときに、どこか身体に痛みが出始めていたりすると、億劫になってしまったり、外出が減ったり、行動範囲も少なくなってしまいます。

身体の痛みが出ないように出来るだけのことは努力しないといけません。

一番出来るのが体力作りや筋力トレーニングです。

でも、年齢と共に筋肉も衰え付きにくくなります。

そんなときに少し力を貸してくれるのが筋肉成分が含まれているサプリメントなどです。

筋肉を作りやすく手助けをしてくれるというイメージの筋肉成分は、身体にも良く、健康寿命を伸ばしてくれるのもだと思います。

ただ単に筋力トレーニングしていても中々付きにくく大変ですが、筋肉成分が含まれるサプリメントで助けてえあげるとより効果的だと思います。

動く瞬間に痛み・・・軟骨成分をしっかりと

動こうとしたときに身体に痛みがでてしまいます。

それは年々、年と共に痛みの場所が増えたり、痛みが強くなってしまったりして、とても辛いです。

身体に痛みが出ているのは大概の場合が関節に出ていることが多いです。

動こうとしたときに、関節に負担ががかかってしまい、痛みが出てきてしまいます。

関節には軟骨という成分のクッションがありますが、それが擦れて減ってしまったりすることで痛みが出てきてしまいます。

やはり、年齢と共に軟骨もすり減ってしまい痛みが出てきてしまいますが、出来るだけのケアが必要です。

病院で注射してもらうことも出来ますが痛みも伴うので、そんなときに軟骨成分が入ったサプリメントなどで軟骨を補ってあげると、少しでも痛みが和らいでくることがあります。

長い年月をかけて軟骨をすり減らしてきているので、すぐに効果が現れるものでもありません。

継続してサプリメントを飲むことで少しずつ関節の軟骨が補われ、痛みが減ってくることもあるので、サプリメントは重要な役割をしてくれます。

痛みがあると動きたくなくなる。そのリズムが寝たきりへの第一歩

年齢と共に老化し、ちょっと動くのも億劫になってしまいがちです。
やはり、身体に痛みがあったりすると余計に動きたくなくなります。

そうなると、更に筋力が落ちてしまい、体力もなくなり、動くとしんどいので動きたくないというとても悪いサイクルが出来上がってしまいます。

ですので、出来るだけの筋力や体力をつけて、動くということが大切です。
一番効果があるのはウォーキングだと言われています。

歩くことで全身の筋力を使い、内臓機能も働かせることができるし、有酸素運動になるのでとても身体にはいい働きを促進してくれます。

高齢化が進んでいますが、寝たきりでは意味がありません。

できるだけ、健康寿命を伸ばして、有意義で質の高い生活を遅れるように身体にバランスを考えなければいけません。

自分の力で歩くことができれば、行きたいところにもいきやすくなりますし、出掛けたいという意欲にもかられるようになります。

そういった気持ちの面でも歩くということが、関係してくるのでとても良い運動です。

サントリーが開発したロコモアの安心感

サントリーのロコモアは関節に痛みがあるかたが多く飲まれているサプリメントです。

もちろんメディアでも多数とりあげられていて、とてもメジャーなサプリメントです。

やはりそれはサプリメントの中の、関節などの痛みを和らげてくれる要素が含まれているからです。

身体に重要な筋肉成分が新たに加わっていますし、従来から含まれている軟骨成分もとても身体にはいい作用を促します。

そして、何より安心してのめるサプリメントだから人気が高いのだと思います。

中に何が入っているのか分からないサプリメントではやはり飲むのにとても抵抗を感じてしまいます。

でも、大手のサントリーが開発したサプリメントですし、中にどういったものが含まれているかなどが詳しく表示してくれているので、飲む私たちからすればとても安心して飲むことができます。

そして、実際に飲んで膝の痛みが減ったとか、腰の痛みが和らいだとかと言う声も多く耳にするので改善するサプリメントということでリピーターも多いです。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。